ホーム > 仕事 > スプレッドの幅

スプレッドの幅

「スプレッド」とはFX取引は通貨を買ったり、売ったりすることによって儲けを生む商品です。

http://ryosakata.meblog.biz/

売り買いの値段は、変化しています。

 

それがマーケットです。

 

ラジオを聞いていると情報が流れます。

 

見かけるのが、「今のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを提示しています。

 

言い換えると、取引には、買値と売値の両方の値が存在している事を表しています。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと表現している業者もあります。

 

平常時には買値よりも売値のほうが安く定められています。

 

投資家が買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。

 

その差をスプレッドといい取引会社の収益となっています。

 

スプレッドの差はFX会社によって変化します。

 

スプレッドの幅は自分自身にとって出費になるので低い業者を選んだほうが得します。

 

ただ、同じFX業者でも場合によってスプレッドは変化します。

 

例として通常時はドルと円の通貨ペアで1銭のスプレッドの差でも、レートの変化がとても激しいときには3銭、4銭になったりするのです。

 

という事で、スプレッドが狭いのと同じく、変化しないのが不可欠です。

 

固定したスプレッドの差を示す業者も数多くあったりします。

 

現実にFX会社の取引画面上で為替相場を確認しなければ判断できないので面倒ですがとても大切なことです。

 

大事な財産を投入して売り買いをするわけですからトレードの前に、興味を持ったFX業者の取引口座開設を積極的にして示されているスプレッドの広さを確かめましょう。

 

同じ通貨の組合せその時間帯のマーケットの変動率(ボラティリティ)によって、通貨ペアのスプレッドは変化します。

 

通常、インターバンクマーケットで売買高が多い通貨の組合せではスプレッド幅が狭くその他の通貨ではスプレッドの差が広くなるのが一般的です。

 


関連記事

  1. 恋愛と結婚ー軽いもの?

    私の周りの人は、彼氏は肩書きのようなもので、気に入らなければすぐ別れてまた他の人...

  2. ブライダルエステのススメ

    一生に一度の結婚式、せっかくであれば自分が納得できるキレイな状態で臨みたいもので...

  3. スプレッドの幅

    「スプレッド」とはFX取引は通貨を買ったり、売ったりすることによって儲けを生む商...

  4. 債務整理の良い点

    任意整理は普通借金整理というように呼ばれており、各お金の貸し手に対しての返済を継...