ホーム > ビジネス > ピンチはチャンスなのか

ピンチはチャンスなのか

外国為替証拠金取引初心者の方がマーケットの大切なところを探し出すためには、第一に取引経験を重ねる事が不可欠です。

先にピンチを感づくようになるには、へまを積み重ねることも大切です。

とは言うものの、失敗するといっても元に戻せないほど決定的な過ちをしてはいけない。

小さい過ちを何回も実践する事が最終的に自身の経験値を高めてくれるはずだ。

http://blog.livedoor.jp/bae7g98e677/

こう考えるととりあえずはわずかな資金でトレードを行ない、これによって幾度か小さな負けを経験することが大切です。

 

一例として、100万円しか投資資金がない方が、はじめに100万円を少しも残さないで投入してトレードすると損した時金輪際立ち上がれなくなってしまう心配があります。

 

それよりも、一例として資金の1割ずつ小分けしてトレードを行ないここでマイナスやプラスを積み重ねた方が、着実に負けを埋め合わせる手法なども身についていくはずである。

まずはじめにわずかなお金で投資することの利点は先ほど書いたように、自身の取引経験を増やしミスを制御する手法を習得していく事にありますがそれと合わせて、売買の回数を積み重ねる事で、危険を削減する事ができるというメリットもある。

 

1度だけのトレードで儲けられる確率が二分の一だとします。

 

この条件では、同じく50%の確率でマイナスになる危険性もあります。

 

勝率50%ということは半々の率で勝利できる事を示しています。

 

ですが、全部の投資資金をつぎ込んで1回だけの取引をするということは明確な勝ちか、負けの片方になってしまいます。

 

このままではただの賭け事と同じです。

 

要するに、全財産を投資して1回こっきりの取引をしないとこれだけでは大損する危険性が高くなってしまいます。

 

だからこそ、お金を全て投入するのではなく、少しずつ分けて、投資経験を増やす事が危険性を減らす事になります。

少しずつに分割しても、すべての取引で勝つ事は必須ではありません。

勝利できないのが実際のところです。

投資で必要なのは、勝つ回数ではなく、いかに儲けるかです。

勝ち負けが同じでも、仮に勝率3割でも稼ぐ事は出来ます。

 

7割負けても損が少額ならば少ない勝ちの利益の大きさで上手に利益を上げる事が出来ます。

 

そのために必要な事は、損失を小さく、利益を大きくを覚えておく事です。

 

損失が出たら直ちに損切りして、それとは逆に勝った時は可能な限り大きく利益を出す事が、外国為替証拠金取引初心者がFXで成功する秘訣です。